大阪には保証人不要の格安賃貸物件がある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪には東京に続く人口の多い都市ですが、格安の賃貸物件が多くあります。交通機関が発達していて歴史的文化財もたくさんあり、大阪府に進学する人やまたは就職する人はたくさんいます。そのような人にとって大阪の格安物件はとてもありがたい存在です。月々2万円の家賃という物件すら珍しくなく、その中には保証人不要のものもあり契約しやすいところもあります。
一般的に同じタイプの物件にもかかわらず格安の場合は何か理由があることが多いです。たいていは間取りに関することが多く、冷蔵庫がキッチンの横ではないために不便であったり、洗濯機の大きさやタイプに制限があるなどの理由です。それらの不便さが気にならないのならおすすめとなります。特に学生や単身赴任などで一定期間の賃貸ならデメリットと感じない人もいます。

大阪の賃貸物件には府営住宅もある

大阪には公営住宅法や大阪府営住宅条例に基づき、住宅に困っている低所得者が借りられる物件があります。住宅は大阪府の財産となるので住まいだけでなく、集会所、自転車置き場などの公共の場所を大切に使用しなければなりません。乱雑に扱うなどして住居を破損した場合は住宅を明け渡さなければならないといった規則もあります。他の住居者の迷惑になるような行為に関しても厳しく、場合によっては住居を明け渡さなければなりません。また、ペットの飼育をすることもできないなどの規定もありますが、条件を満たせば格安で居住することができます。

大阪府営住宅の申し込み方法について

住居希望者の募集は年に6回行っています。募集受付期間内に郵送またはWebから申し込みを行うことができます。結果は抽選になり郵送でお知らせが届きますが、Web上でも確認することが出来ます。抽選会場に参加することもできますが、不参加でも大丈夫です。申し込みは1世帯につき1通のみとなっていて、もし2通申し込んでしまった場合は失格になってしまうので注意します。
応募がなかった住居に関しては随時募集されているので、抽選で落選してしまった場合や、直ぐに住居を必要としている場合できる環境があります。家族の人数によって申し込みのできる部屋の広さなどに規定があります。一般世帯以外にも、子育て世帯、親子近所むけなどさまざまなタイプがあり、パンフレットなどで確認できます。
中には新しく建てられた物件や、建設途中の物件などもあり快適な住居もありますが、それらを含む全ての大阪府営住宅は保証人不要ではありません。