保証人不要で大阪公社賃貸住宅を申し込む方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府の公社賃貸住宅を申し込む場合は、一般的には保証人不要ではありません。しかし保証人には資格があり、日本国籍を持つ人または永住権を持つ人となります。また、国内に住んでいる人か勤務している人です。さらに家賃の4倍以上の月収があること、60歳以上なら貯蓄が家賃の100倍なくてはなりません。すでに他の公社賃貸物件の保証人になっていたり、ご本人が公社賃貸物件に住んでいる場合は認められないなど、保証人のハードルもかなり高いものになります。

保証委託契約制度を利用する

親戚が高齢であったり、遠方であったりと条件を満たす保証人が見つからない場合保証委託契約制度を利用すれば保証人不要で賃貸住宅を借りられます。保証委託契約制度とは、賃貸保証会社に賃貸契約時に必要な連帯保証人になってもらうことです。もし、借主が賃貸の支払いをを滞ったときには、連帯保証人と同様に家賃を代わりに支払ってくれます。保証人は万が一の場合家賃を代わりに支払わなければならないリスクを負います。そのため近年では、親族であっても保証人の役割を請け負うことを嫌煙されてしまうことは少なくありません。大阪をはじめ一般的に賃貸契約を行う時に保証会社を利用するケースが増えています。しかし、家賃が滞った場合に支払いはあくまでも立て替えであって、借主には請求がきます。
賃貸保証会社を利用する際、使用料に関しては保証会社によって違い初年度は家賃の0.5ヵ月から1ヶ月程度で、翌年からは使用料が下がってくるのが一般的です。これは家賃の支払いに関して信用を得たからになります。ただし保証会社によって違いがでてきますので最初に確認をしてから決める方が良いです。

保証会社を利用するには審査がある

保証会社を利用するには審査が行われ、雇用形態、年収、勤続年数、年齢、滞納暦などを書面で提出しなければなりません。これらの審査に通るかどうかの基準は保証会社によって違います。もし、保証会社を選べるのなら全国家賃保証業協会や家賃債務保証事業者協議会に加入しているところが無難です。これらに加入しているところは万が一滞納してしまったとしても、強硬な対応となることはありません。
保証会社の審査に通ると入居審査に通りやすくなります。すでに申込者にたいして保証されているからです。近年保証人をどうしたらよいのか困る方が増えていますが、保証人不要でも入居できるなら使用料を支払っても便利なシステムと言えます。

大阪府賃貸物件の保証人不要を含む入居審査について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保証人不要の賃貸物件で入居審査を行う理由は、安心して部屋を貸せるかどうかを見極めるためです。大きなポイントは家賃を滞りなく払ってくれるのかと、ご近所とのトラブルを起こしたりしないかです。そのためにまずは収入があるのかどうかです。一般的に月収の3分の1もしくは年収の36分の1以内おさめると無理のない支払いができるとされています。従って無職の人や、フリーターなどで収入が不安定な人は希望の物件に対して収入が少ないと入居を断られることがあります。
大家さんはゴミ出しや共有施設の利用方法などでご近所とトラブルになりそうな人は避けたいです。着飾る必要はありませんが身だしなみや態度などには気をつけ、不快を感じさせたいようにするべきです。単身者が多い住居に子供が多い世帯が入居するとライフスタイルなどの違いからトラブルになることがあるので、ある程度の環境を考えて希望すると良いです。

大阪公社賃貸住宅の審査基準

大阪公社賃貸物件の入居者資格は住宅の種類によって違います。一般的物件を申し込む場合は、日本国籍または中長期在留者である必要があります。単身者であるか同居する場合は親族でなければいけません。単身者の場合と同居の場合では収入の条件に違いがあります。その他今まで公社でのトラブルがない人など居住希望者の人格も問われます。
高齢向世帯は申込者または同居者に関しても満60歳以上である必要があります。介護などの特別な理由があり申込者と同居する必要があると認められば60歳未満でも大丈夫です。収入に関しては、貯蓄の合計がや家賃の100倍以上、月収の合計は家賃の2分の1以上かつ家賃の50倍以上の貯蓄が必要です。学生の場合は親族もしくは、学校法人が連帯保証人になることで申し込みが可能です。
一般賃貸住宅以外に特定優良賃貸住宅や高齢者向け優良賃貸住宅といったタイプがあります。いずれも保証人不要ではありませんが、保証委託契約制度を利用すれば申し込みが可能になります。

大阪府営住宅の審査基準

大阪府営住宅を申し込むためには収入の基準に満たされている必要があります。世帯数や年金所得者など、個人の状況によって1円単位まで基準があるので、源泉徴収票を確認して基準に合っているのかどうかを確認します。収入は申込者だけではなく家族全員の収入を申告しなければなりません。家賃は毎年の収入によって変わります。