保証人不要で大阪公社賃貸住宅を申し込む方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府の公社賃貸住宅を申し込む場合は、一般的には保証人不要ではありません。しかし保証人には資格があり、日本国籍を持つ人または永住権を持つ人となります。また、国内に住んでいる人か勤務している人です。さらに家賃の4倍以上の月収があること、60歳以上なら貯蓄が家賃の100倍なくてはなりません。すでに他の公社賃貸物件の保証人になっていたり、ご本人が公社賃貸物件に住んでいる場合は認められないなど、保証人のハードルもかなり高いものになります。

保証委託契約制度を利用する

親戚が高齢であったり、遠方であったりと条件を満たす保証人が見つからない場合保証委託契約制度を利用すれば保証人不要で賃貸住宅を借りられます。保証委託契約制度とは、賃貸保証会社に賃貸契約時に必要な連帯保証人になってもらうことです。もし、借主が賃貸の支払いをを滞ったときには、連帯保証人と同様に家賃を代わりに支払ってくれます。保証人は万が一の場合家賃を代わりに支払わなければならないリスクを負います。そのため近年では、親族であっても保証人の役割を請け負うことを嫌煙されてしまうことは少なくありません。大阪をはじめ一般的に賃貸契約を行う時に保証会社を利用するケースが増えています。しかし、家賃が滞った場合に支払いはあくまでも立て替えであって、借主には請求がきます。
賃貸保証会社を利用する際、使用料に関しては保証会社によって違い初年度は家賃の0.5ヵ月から1ヶ月程度で、翌年からは使用料が下がってくるのが一般的です。これは家賃の支払いに関して信用を得たからになります。ただし保証会社によって違いがでてきますので最初に確認をしてから決める方が良いです。

保証会社を利用するには審査がある

保証会社を利用するには審査が行われ、雇用形態、年収、勤続年数、年齢、滞納暦などを書面で提出しなければなりません。これらの審査に通るかどうかの基準は保証会社によって違います。もし、保証会社を選べるのなら全国家賃保証業協会や家賃債務保証事業者協議会に加入しているところが無難です。これらに加入しているところは万が一滞納してしまったとしても、強硬な対応となることはありません。
保証会社の審査に通ると入居審査に通りやすくなります。すでに申込者にたいして保証されているからです。近年保証人をどうしたらよいのか困る方が増えていますが、保証人不要でも入居できるなら使用料を支払っても便利なシステムと言えます。

大阪府賃貸物件の保証人不要を含む入居審査について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保証人不要の賃貸物件で入居審査を行う理由は、安心して部屋を貸せるかどうかを見極めるためです。大きなポイントは家賃を滞りなく払ってくれるのかと、ご近所とのトラブルを起こしたりしないかです。そのためにまずは収入があるのかどうかです。一般的に月収の3分の1もしくは年収の36分の1以内おさめると無理のない支払いができるとされています。従って無職の人や、フリーターなどで収入が不安定な人は希望の物件に対して収入が少ないと入居を断られることがあります。
大家さんはゴミ出しや共有施設の利用方法などでご近所とトラブルになりそうな人は避けたいです。着飾る必要はありませんが身だしなみや態度などには気をつけ、不快を感じさせたいようにするべきです。単身者が多い住居に子供が多い世帯が入居するとライフスタイルなどの違いからトラブルになることがあるので、ある程度の環境を考えて希望すると良いです。

大阪公社賃貸住宅の審査基準

大阪公社賃貸物件の入居者資格は住宅の種類によって違います。一般的物件を申し込む場合は、日本国籍または中長期在留者である必要があります。単身者であるか同居する場合は親族でなければいけません。単身者の場合と同居の場合では収入の条件に違いがあります。その他今まで公社でのトラブルがない人など居住希望者の人格も問われます。
高齢向世帯は申込者または同居者に関しても満60歳以上である必要があります。介護などの特別な理由があり申込者と同居する必要があると認められば60歳未満でも大丈夫です。収入に関しては、貯蓄の合計がや家賃の100倍以上、月収の合計は家賃の2分の1以上かつ家賃の50倍以上の貯蓄が必要です。学生の場合は親族もしくは、学校法人が連帯保証人になることで申し込みが可能です。
一般賃貸住宅以外に特定優良賃貸住宅や高齢者向け優良賃貸住宅といったタイプがあります。いずれも保証人不要ではありませんが、保証委託契約制度を利用すれば申し込みが可能になります。

大阪府営住宅の審査基準

大阪府営住宅を申し込むためには収入の基準に満たされている必要があります。世帯数や年金所得者など、個人の状況によって1円単位まで基準があるので、源泉徴収票を確認して基準に合っているのかどうかを確認します。収入は申込者だけではなく家族全員の収入を申告しなければなりません。家賃は毎年の収入によって変わります。

大阪には保証人不要の格安賃貸物件がある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪には東京に続く人口の多い都市ですが、格安の賃貸物件が多くあります。交通機関が発達していて歴史的文化財もたくさんあり、大阪府に進学する人やまたは就職する人はたくさんいます。そのような人にとって大阪の格安物件はとてもありがたい存在です。月々2万円の家賃という物件すら珍しくなく、その中には保証人不要のものもあり契約しやすいところもあります。
一般的に同じタイプの物件にもかかわらず格安の場合は何か理由があることが多いです。たいていは間取りに関することが多く、冷蔵庫がキッチンの横ではないために不便であったり、洗濯機の大きさやタイプに制限があるなどの理由です。それらの不便さが気にならないのならおすすめとなります。特に学生や単身赴任などで一定期間の賃貸ならデメリットと感じない人もいます。

大阪の賃貸物件には府営住宅もある

大阪には公営住宅法や大阪府営住宅条例に基づき、住宅に困っている低所得者が借りられる物件があります。住宅は大阪府の財産となるので住まいだけでなく、集会所、自転車置き場などの公共の場所を大切に使用しなければなりません。乱雑に扱うなどして住居を破損した場合は住宅を明け渡さなければならないといった規則もあります。他の住居者の迷惑になるような行為に関しても厳しく、場合によっては住居を明け渡さなければなりません。また、ペットの飼育をすることもできないなどの規定もありますが、条件を満たせば格安で居住することができます。

大阪府営住宅の申し込み方法について

住居希望者の募集は年に6回行っています。募集受付期間内に郵送またはWebから申し込みを行うことができます。結果は抽選になり郵送でお知らせが届きますが、Web上でも確認することが出来ます。抽選会場に参加することもできますが、不参加でも大丈夫です。申し込みは1世帯につき1通のみとなっていて、もし2通申し込んでしまった場合は失格になってしまうので注意します。
応募がなかった住居に関しては随時募集されているので、抽選で落選してしまった場合や、直ぐに住居を必要としている場合できる環境があります。家族の人数によって申し込みのできる部屋の広さなどに規定があります。一般世帯以外にも、子育て世帯、親子近所むけなどさまざまなタイプがあり、パンフレットなどで確認できます。
中には新しく建てられた物件や、建設途中の物件などもあり快適な住居もありますが、それらを含む全ての大阪府営住宅は保証人不要ではありません。

大阪の公的賃貸住宅なら保証人不要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で賃貸物件を探す場合、かつて公団住宅といわれたURなら全て保証人不要です。それ以外も礼金、手数料がかからない物件もあるので新生活に必要なものを購入する費用が増えます。一般的な賃貸物件は2年ごとの更新を行わなければならばならず、そのたびに手続きや更新料が必要ですが、UR物件の場合は自動的に手続きが行われ、更新料も不要なので更新時に悩まされることはありません。それ以外にも月々の家賃の支払いでポイントがたまる制度があったりと、お得なサービスがあります。

UR住宅のいろいろ

もと公団といわれると団地だけだというイメージがありますが、現在ではさまざまなタイプの物件が揃っています。よく知られている団地タイプは、周辺に小学校や幼稚園があるところが多いです。さらに敷地内に広い公園を備えているので、子育てしやすい環境が整っています。人気のタワーマンションタイプもあります。アクセスに便利な場所が多く洗練されたデザインで、上層階からの展望はとても見応えがありハイグレードな日常を送れます。
築年数の古いタイプは、生活にニーズに合わせて設備を新しくし提供しているものもあります。高齢者向けの物件は床段差をほとんどなくし、要所に手すりが設置されています。万が一の時には、提供事業者に通報できるシステムも利用することができ安心です。
近年はペットブームですが、散歩から帰ったときの足洗い場やエレベーターに同乗していることを知らせるボタンなどを備えペットに対応しているタイプもあります。そのようなタイプは、室内もペットのトイレ置き場や玄関前のフェンス取り付けが可能であったりペットと共存できるシステムとなっています。このような便利な設備が整っている物件でも保証人不要で借りることができます。

大阪でUR住宅に申し込む方法

まずは、Webサイトで空き物件を探します。希望の住所だけでなく沿線沿いから探すこともできたり、間取りや家賃を限定できるので分かりやすいです。もちろん店舗に行き窓口にてアドバイスを受けながら探すこともできます。応募には条件があり、特に制度を利用する場合は別途の条件があるので十分に確認します。
申し込みの翌日から1週間の間なら内覧も可能なので、納得してから本申し込みができます。内覧後に書類を提出して契約完了となりますが、書類の提出先は最初に申し込みを行った店舗となります。それぞれのステップにかかる時間は1週間程度なので、気に入った物件があれば直ぐに入居できるようになります。